こんなテープLED探してます。ありますか?

  • 2019.01.21 Monday
  • 18:30

 

ジオラマを作っていらっしゃる皆様は「テープLED」の事をご存知かと思います。

5cmから長いものでは5mくらいのものまである、テープ状のLEDです。

もちろん模型の世界では5mなんて必要ありませんが、5〜25cmくらいの長さは

ストラクチャに取り付けるのに使います。

それにテープLEDは、設置や配線が簡単でとても使いやすい電飾材料なんです。

 

例えば駅のホーム。

TOMIXの島式ホームをそのまま設置する方は多いのですが、テープLED電飾をするとしないとでは大違いです。

 

この島式ホームを並べて、必要な長さのテープLEDを天井に貼り付けます。

 

そして模型人形を配置して、LEDに電源をつなぐとテープLEDを貼っただけなのに、実にリアルな駅に変わります。

 

  

                   (この写真は当ショップのお客様の作品です。)

 

 

話は変わりますが、模型電飾は「有ると無い」とでは、そのリアルさが格段に違うのをご存知でしょうか。

ストラクチャを並べると、ジオラマの世界もそれっぽくなって満足してしまうのですが、ほんの少しLED電飾品を加えてあげるだけで、見違えるようにリアルな世界ができるんです。

 

例えばストラクチャを置いただけで、電飾はおろか人形も車も無い世界に・・・

 

 

これに建物に5mmLED、模型LED自動車、模型街灯、それに模型人形を加えると・・

 

 

実にリアルな街に生まれ変わります、

ぜひ「模型電飾未達成」の皆さんはチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

さて、前置が長〜くなってしまったのですが、テープLEDに関して常連のN様よりお問い合わせいただきました。

 

「店長、探して欲しいものがあるんですけど。相談にのっていただけますか」

 

「もちろんです。どうされました?」

 

「模型展示品台にテープLEDを貼り付けたいのですけど、段差がある部分なので普通のテープLEDだと貼っても浮きが出ちゃうんです。こんなふうにです。」

 

 

「これを何とかしたいんですけど、こう言う場所にぴったり貼れるテープLEDありませんか。」

「それともうひとつ。

ほとんどのテープLEDは12V前後でないと点灯しないんです。走行会なんかに持っていく時、ストラクチャが電池で光ればなぁっていつも思うんです。」

「電池で光るテープLEDを一緒に探していただけませんか?」

 

「うわぁ〜、聞いていたらけっこう難しいリクエスト」

 

「難しいですか?」

 

「いや、理論的にはわかるんですけど、どこから探してくるかなぁ〜。まあ、おまかせあれ。」

 

で、見つけてきたのが、まず「曲面用テープLED」

 

 

何だこれは、ってなもんです。

な〜んとなく、へびを連想しそうなテープLEDです。

普通のLEDは右ですから、とても不思議な形です。

でもランダムに削ったようなテープですが、このおかげであらゆる曲面に貼る事ができるんです。

おかげで段差にもピタッと貼り付けができました。

 

 

さて、N様の2番目のリクエスト。

電池で光るテープLED。

すぐにいつも取引している海外のサプライヤーに電話したら、「あるよ。3V〜6Vで点けば良いかな?」って返事。

すぐに送ってもらったのがこれです。

3V(乾電池2本)から6V(乾電池4本)で光ります。

 

 

 

良かった〜。希望どおりの物が見つかった〜。

 

当ショップで販売始めました。ご興味ある方はどうぞ

 

テープLED

 

 

 

 

小さくて細けりゃ、多少硬くても良いんです。ありますか?

  • 2019.01.10 Thursday
  • 23:14

 

世の中には「こだわる」、「こだわらない」と言う両極端の言葉があります。

分かりやすいのが「服」

「着られりゃいいんだよ。」「デザインなくして服ではない」みたいに正反対の意見があります。

 

我々模型の世界ではどうでしょうか?

あるんですね。こだわりが。

「絶対これでなきゃダメ」って言う方がいらっしゃいますし、私たちもそう言うニッチ需要を追いかけてます。

 

例えば私たちは「1005LED (0.5mmX1mm)と言う床に落としたら絶対見つからない大きさのLEDに、これまた直径0.1mmと言う髪の毛と同じ太さの配線をつけたLEDを販売しています。

 

他にも、ひと回り大きくて1608LED(1.6mmX0.8mm)と言うのもあります

おまけにこれら配線付きの1005LED 2個入り450円、1608LED 2個入り350円と言う、だれも真似できないこの業界最安値で販売しています。

 

配線付き1005LED

 

配線付き1608LED

 

 

これが拡大写真なのですが、配線材は針金みたいに見えますけれど、髪の毛と同じくらい柔らかくてしなやかです

でも、これではいまひとつ大きさがわからないので、比較してみますね。

これでどうでしょう。米粒の上に30個くらい乗ってしまいそうな大きさです。

 

 

そのため、今まで取り付けが不可能だった狭いスペースにも電飾することが可能になりました。

当ショップのお客様にも「LEDも配線もこのサイズじゃなきゃだめ」と言われる方がたくさんいらっしゃいます。

 

ところがです。本題はこれから。今日のお話は二つの要素が含まれています。

「柔軟性のある顧客とウチの作業ミス」のお話です。

 

 

いつもLEDをご購入いただくK様から連絡を頂きました。

 

「店長、例の小さい配線付きのLEDある? 1608LEDってやつ、電球色がいいな」

 

「Kさん、ありますよ。一番小さい1005LEDじゃないんですか。」

 

「いや、僕は目が悪くなって1005LEDは小さすぎるんだよ」

 

「なるほど、お年ですね。それでは何個ほど」

 

「年取って悪かったね。200個くらい欲しいんだ」

 

「200個ぉぉぉ」

 

「無いの?」

 

「いやいやまとめてご購入いただくのでびっくりしただけです。」

 

「僕は電飾には材料にこだわるんでね。あの小さいLEDで、0.1mmの髪の毛のしなやかさが無いとだめなんだよね〜」

 

「そうでしたね。Kさんこだわりの配線付きLEDですもんね」

 

「ところでさ、店長。200個まとめるんだから安くしてよ。」

 

「げげげ、Kさん、多少は考えますけど、これ2個入り350円なんて日本中どこへいっても買えませんよ。気軽に使っていただこうと思って大安売りなんですから。」

 

「そこを何とかさ、2個入りで200円なんてできないかなぁ」

 

「うぎゃ〜。350円を200円に・・・」

 

「なんか方法はないの?」

 

「・・・あれちょっと待てよ。もしかすると・・」

 

「どうしたの?」

 

「いや、Kさん、実はね、ウチで作るの間違えちゃった製品があるんです。」

「同じ1608LEDに0.1mmの配線を付けるところを、間違って直径0.16mmの線を使ってしまったんです。

 

「ふ〜ん、でも僕はLEDにはこだわるから、仕様が違うのはね〜」

 

「こんなんですけど。」

 

「いや〜、硬いね、この配線。0.1mmが0.16mmになるだけでこんなに硬い感じになるんだ。僕はこだわるからダメだね。どんな用途でも僕はこだわるね。」

 

「売れないことはないんですけどぉ。元々ウチの望んでいる仕様じゃないし、間違って作ってしまったものですからねぇ。これなら在庫処分で2個200円でも良いんですけどね〜」

 

「買った!」

 

「へっ、材料こだわりのKさんじゃなかったんですか。」

 

「いや〜、よく考えたらさ、店長困っているみたいだし、今回電飾する場所はちょっと硬めの線でもOKだと思うんだ」

 

「あれ、どんな用途でも、配線はしなやかさ重視っておっしゃってましたよね。」

 

「もちろん僕はね、しなやかさ重視だよ。だからしなやかな柔軟性を持って、主張をあえて変えて店長に協力するのさ」

 

「意味わかんないんですけどぉ。それって価格に柔軟性なんでは?」

 

「まあ、いいから200個もらうよ。」

 

と言う経緯がありまして、Kさんお買い求めの残り物(笑)

「1608LED ちょっと硬めの0.16mm配線付き 各色」をわけあり品で、販売しています。

もちろん新品、検査済みですが数量なくなり次第販売終了です。

 

 

配線付きLEDに「こだわり」の無いユーザー(?)の皆様ぜひどうぞ。

 

0.16mmポリウレタン被膜線 配線済み1608LED 各色 2個200円 売り切り

 

 

自動で踏切警報機鳴らしたいです。そんなセットありますか?

  • 2019.01.06 Sunday
  • 02:26

 

鉄道模型ジオラマを好きな方はもちろん線路を買って列車を乗せて走らせます。

最初は電車がエンドレス線路を走るだけで大興奮。

次に分岐を作ったり、周りにジオラマを作ったりで再び興奮。

ところが、そのうち興奮が欲望に変わるのだ・・・・おおお

 

「電飾」と言う欲望。

光らせたい、点滅させたいという欲望

 

まさに「欲望と言う名の電車」

永遠の美女ヴィヴィアン・リーと若きマーロンブランド、良かったなぁ〜。

と、「脱線」している場合じゃない。

な〜んて、結構しょっぱなからいろいろ鉄道シャレを連発。

冴えてる・・・

 

さて、本題に戻りましょう。

鉄道模型電飾もいろいろありますが、実は大きく分けて2つあります。

 

「自分でスイッチを入れて電飾」

これはジオラマの建物とか、街灯とかにLEDを入れて電池電源をつなぎ、ユーザーの意思でスイッチを入れて点灯させるもの。

 

もうひとつは「勝手に点灯、点滅」

つまり自動的に点いたり消えたり。自動で動くって、これが意外とリアルで興奮。

例えば踏切。電車がやってくると、「カンカンカンカン」と音を出しながら赤いランプが左右点滅。

で、列車が通過すると消える。

 

模型電車好きならぜひ取り付けたい機能です。

ところが、これが大変。光らせたり、音が出たり、列車の動きを感知したり。

電気やプログラミングの知識が無いとちょっと難しい技です。

 

となれば我々の出番ではないか。

 

去年の模型展示会の会場で、常連客のS様がいらっしゃって「電車がきたらカンカン音がして警報機が点滅するような踏切セット無い?」とお尋ねになりました。

 

「それは以前から検討しているんですが、うまくコンセプトがまとまらなくて。」

 

「コンセプトって、カンカン鳴って点滅するだけだよね」

 

「いや、そうじゃなくて、どのようなアルゴリズムで動作するかの検討なんですよ」

 

「問題はさぁ、どうやって電車が来たかを回路に教えるかだよね。」

 

「そうなんです。線路にセンサーを埋めようというところまできているんですが。」

「センサーっていろいろ種類があって何を使おうかと思って。」

 

「あはは、センサー万別だね」

 

「あちゃ〜、余裕ですねぇ、人の気も知らないで」

 

「でね、たどりついたのが光センサー」

「安くて、感度が良くて、線路に埋め込むのも簡単で、これに決めました。」

 

 

「ウチのプログラミングアドバイザーが、光センサーを使った電飾を過去にもやっていて、これが良いなと思ったんです。」

 

「で、結果は?」

 

「それが意外といけちゃって、列車が来ると点滅カンカン、通り過ぎると止まります。」

 

「店長、アルゴリズムがどうとか言ってたよね。それって出来るてるんじゃないか」

 

「そんなことアルゴリズム?」

 

「だめだ、こりゃ」

「バカ言ってないで早く売り出してよ」

 

「さっきのお返しです。」

 

列車が踏切に近づくと動作するセンサー式踏切信号機、Nゲージ用だけでなく汎用もご用意しました。

 

光センサー式踏切信号機各種

 

 

 

 

Nゲージサイズの精密スポーツカーってありますか。

  • 2019.01.03 Thursday
  • 00:37

 

新年明けましておめでとうございます。

今年も模型電子部品ショップMSRをよろしくお願いいたします。

 

どうした、2日と空けずにブログとは?

いいじゃないですか。心を入れかえたんですから。

 

さて、新年最初の話題はNゲージモデルカーです。

昨年最後のブログはトイレ話題でスベッたので、反省して良い題材を選びました。

 

以前Nゲージサイズ精密レトロカーのご紹介をしたことがあります。

 

Nゲージレトロカーもっと欲しいです。 ありますか?

 

このNゲージサイズ精密モデルカーは英国から見つけてくるのですが、人気があり入荷するとすぐに売切れになってしまいます。

なんでそんなに人気があるかというと、日本では作られていない車種のNゲージモデルカーがたくさんあるからなんです。

 

それもちょっとレトロな車が多く、日本の昭和の風景を作っていらっしゃるモデラーの方も良く買っていかれます。おまけに外国製なのに、日本と運転席が同じ位置にある英国なので、違和感がありません。

 

さて、モデルカー常連のM様から久しぶりの連絡です。

 

「店長、レトロモデルカー最近増えたみたいだね、いろいろと」

 

「そうなんです。実は11月にちょいとイギリスに用事があって行ってきたんですが、ついでに例の模型やさんから仕入れてきたんです。

こんなものありますか? 番外編 イギリス)」

 

「ああ、あのジェイソン・ステイサム店長ね」

 

 

「そうなんですよ。ひさしぶりに行ってモデルカー以外にもいろいろ仕入れてきました。」

 

「今、僕はスポーツカーのレトロカーを探しているんだ。良いのがあるかな?」

 

「任せてください。入荷したての超新鮮なヤツがありますよ。」

 

「あれ、店長。仕入れたの11月って言ってなかったけ。日がたってるけど」

 

「いやだな〜。模型の世界では半年くらいでも新鮮なんですよ〜。

けっして忙しくてアップするの忘れてとかじゃないんですよ〜」

 

「忘れてたんだよね」

 

「そうです。ハイ」

 

「まあ、それはさておいて。これなんかどうでしょう。MGロードスターのプリムローズです。」

 

「いいね〜。これNゲージ?」

 

「もちろんです。Mさんのジオラマタウンにそのまま置けますよ。」

 

「僕はこう言う車を持つのが夢なんだよね」

 

「こっちもいかがです? 同じくロードスター 赤です。MGロードスターとくれば赤ですよね。

 

 

「いいな、いいな、これだよ、これ」

「こう言うオープントップでさ、走りたいなぁ。たまには嫁さん乗せてドライブなんてね」

 

「Mさん、それ、無いと思います。」

 

「何で?」

 

「最近マツダのロードスターなんかオープンカーにおっちゃん一人とか、おっちゃん二人で乗ってるのよく見かけませんか?」

 

「そう言えば、時々見るなぁ。老いも若きもみんな一人乗り」

 

「でしょう。何でだと思います?」

「奥方をドライブに誘っても、”日に焼けるし、風で髪は乱れるし、埃は被るし、うるさいし、あなた行きたければ一人で行って” って言われるんですって」

 

「え〜、だってユーミンは中央フリーウェイで、”肩を抱いて、愛してるって言っても聞こえない、風が強くて”って言ってるじゃないか」

 

「Mさん・・・何十年前の話をしてるんですか?」

 

「何だよ〜。じゃあ、僕は自分のジオラマにロードスター赤を置くから良いよ。自分の世界に浸るからいい。これ買ってくよ」

 

「ありがとうございます。じゃあ検査でアウトになった、髪が乱れてるようなNゲージフィギュアありますから、おまけに付けときますね〜」

 

「店長ぉぉ」

 

精密Nゲージ 148分の1 レトロカー各種

 

 

 

 

 

 

2018年最後のブログ HOはどうして珍しい人形があるんだろう

  • 2018.12.31 Monday
  • 20:17

 

いよいよ2018年も最終日

今年最後のブログになりました。

 

ちょっと待ったぁ。

前回ブログ書いたのいつだ? 

 

2月です (蚊の鳴くような声)

(だって忙しかったんだから、仕方ないじゃないか)と言い訳をしながら反省。

 

今日の話題は珍しいHO人形。

以前のブログ「Hだっていいじゃないか。セクシーフィギュアってあります?」

で、Nゲージには無い珍しいHOゲージ人形を探しました。

 

 

ここで再びW様よりのお問い合わせ

 

「前に頼んだ H フィギュア、いや、HOサイズフィギュア良かったよ」

 

「それは喜んで頂きまして。探した甲斐があります。」

 

「最近はそう言う珍しいHOサイズフィギュア入っていないのかな?」

 

「良くぞ聞いてくれました。あるんですよ。でも前みたいなの無しですよ」

 

「な〜んだ、つまらないなぁ」

 

「いや、ジャンルが違うだけですよ〜」

 

「でね、まずこれ」

「釣り船で出かける親子」

 

「よく出来てるけど、インパクト無いなぁ」

 

「インパクトでジオラマ作ってるんですか?」

「じゃあ、ジオラマタウンに隕石でも落としたらどうですか?」

 

「それ、ディープインパクトだろう・・・」

 

「良いじゃないですか、これ。親子で釣り船出して、仲良く釣り」

 

「・・・他にはないの?」

 

「ありますとも。これはいかがです。これはインパクト大ですよ。」

 

 

  

 

「何、このフィギュア」

 

「これはなんと鉄道ジオラマレイアウトを囲んでみんなで走行会やってるところ。

珍しいでしょ。」

 

「何でみんなメガネかけてるかなぁ。」

 

「それは・・・ヲタクだからでしょう」 

 

「あのさ、珍しいけど、誰が買うのかな?」

 

「いや、それは・・買う人いなけりゃNOCH社だってつくらないでしょう、

こんなフィギュア、

 

「売れないんだね」

 

 

「さてと、次ぎ行きましょう」

 

「いよいよ本題です」

 

 

これは?」

 

「よくキャンプ場とかにある木製トイレですよ」

 

「それで?」

 

「トイレにはそれぞれストーリーがあるって知ってます?」

 

「あんまり知らないなぁ、トイストーリーなら知ってるけど」 

 

「ちょっとはずしましたね。水で流しときます。」

「でね、このトイレの戸を開けるとね」

 

                                                           

「おじさんが新聞読んで入ってるんですよ〜。これNOCH社のToilet Storyって言うHOフィギュアセットです。」

 

「店長、最近ストレスたまってない?」

 

「大丈夫ですよ。たまるストレス、たまらぬ金ってね。

それだけじゃないんです。他にもストーリーがあるんです。」

 

 

「ねっ、男の人の立ち○○○」

 

「・・・」

 

「男の人ってくれば当然女の人も」

 

 

「うゎ〜」

 

「今度は男女」

 

 

「ねっ、これがトイレの戸を開けた時のトイレストーリー」

「セットになっているので、好きなキャラクタートイレに入れられるんです。」

 

 

 

「あのさ、ジオラマのどこに置くの、こんなの」

 

「公園かキャンプ場ですかね」

 

「公園に置いて戸を開けっぱなしにするの? あぶない、あぶない」

 

「並べてみるのも良いかもしれません」

 

 

「あのさ、これが今年の締めくくりの話題?」

 

「いや、他には無い珍しい製品を探そうと思って。その決心を象徴しただけですよ〜。」

 

「確かにそこは認めるけどね〜

 

来年もしっかり皆さんのご要望の製品を集めてみせます。

今年1年お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

HOゲージ フィギュア

 

 

 

 

 

 

 

                                  

 

何か忘れていませんか。アンドロメダ拡散波動砲ありますか? 

  • 2018.02.26 Monday
  • 02:02

2014年の初め、「宇宙戦艦ヤマトの波動砲電飾を作ってください」

(記事 ヤマトの波動砲電飾ありますか)とご依頼を受けて販売を始めた「ヤマト電飾基板」もいまや当ショップのベストセラーのひとつとなりました。

今、その発展形としてヤマト波動エンジンの電飾と波動砲を組み合わせた電飾キットの発売準備をしています。

 

そんな時、以前にヤマト波動砲基板を以前ご購入いただいたF様よりお問い合わせがありました。

 

「Fさん、いつもお世話になります。」

「店長、最近物忘れ激しくなっていませんか。アンドロメダ」

「いや、私の記憶は不揮発性メモリーで絶好調ですけれど、アンドロメダ?」

「やっぱり忘れてる。それって電源が切れると消えるダイナミックRAMメモリーでしょう。アンドロメダ」

「もしかして・・・・・アンドロメダ」

「そうですよ。アンドロメダ。アンドロメダ拡散波動砲電飾はその後どうしたのですか」

「おおお〜、いや、あの、その・・」

「お願いしていましたよね」

「・・はい・・いや、その、出来てるんですよ。・ずいぶん前に・・」

「発売を忘れていた、と言うことですね。いつものとおり」

「そ〜ゆ〜ことです。申し訳ありませんですぅ」

 

アンドロメダは宇宙戦艦ヤマトに登場するアンドロメダ級宇宙戦艦旗艦です。

全長275m、特徴はヤマトには1基しかなかった波動砲が艦首に2基、正確には拡散波動砲と言うヤマト波動砲の2倍のパワーがある武器を備えています。

 

アンドロメダ

 

要は、この2連の波動砲の電飾を作ることなのです。

これはヤマト用の電飾基板に2つの256色シリアルLEDを接続して同時に駆動できるようにすれば良いのですが、ちょっとプログラムを変えないといけません。

また、3Vのボタン電池でこの2連の波動砲をちゃんと打てるのか、なんて検査も繰り返さなければなりません。

いろいろ工夫をこらして、やっと完成。

 

2個のシリアルLEDを基板の接続してできました。

リード線がたくさんになり、ちょっと海の生物みたいです。(笑)

 

 

で、これをアンドロメダの700分の1の模型に組み込んで、拡散波動砲 撃て〜、がこれです。

 

 

実はなぜ発売が延期になったかと言うと、単に「アンドロメダの模型」が手に入らなかったのです。

話はそれますが、当ショップのBlink-Mini LED回路シリーズは30種類以上あって、いろいろな「動く光」を模型やジオラマに組み込んで再現することでリアルな模型になります。

でも、LEDを点けて光っているだけではみなさん「これ面白いけど、何に使うの?」ってなってしまうのです。

 

例えばBlink-Miniシリーズの第一号 「鋭いスパークの光」は、火花のようなバチバチッっていう光をLED1個で再現するのですが、最初にネットショップに出したときはぜんぜん売れませんでした。

みなさんご覧になっても「何に使うんだろう」「光っているだけではイメージが沸かない」と仰るんです。

それで、一番ジオラマに使えそうな「工場の溶接」シーンにと、Nゲージの溶接している人形に1mmの白色LEDをトーチ先端に取り付けてビデオで撮影しました。

 

その上で「溶接の光」として販売を始めたら注文が入るようになりました。

それがこの動画です。

 

 

でも問題はさらに発生。今度は「溶接の光」としか売れなくなりました。

そのため今は「鋭いスパークの光 溶接の光などに」としてやっといろいろな用途に使われるようになりました。

だからアンドロメダの拡散波動砲も、最低でもプラモデルに組み込んで写真くらい撮らないといけないと思ったのです。でもアンドロメダの模型の良いものがなくて、延び延びになっていたというわけです。

まあでもF様にプッシュされて、やっとアンドロメダ模型も見つかり、この製品が世に出ることになりました。

忙しい事を理由に延び延びになっている時は、やはりプッシュされないと動かないのが人の常。

 

実はこのBlink-Mini 極小LED点滅基板シリーズで、出来てるのに世に送り出していない物がまだまだあるんです。

例えばジェット戦闘機のアフターバーナー。

これはジェット戦闘機が離陸する時に、左右のエンジンを交互にふかして赤い炎を出し、その後エンジン全開で飛び立つ様子をLEDの光で再現したもの。

出来てるんですよ〜。回路もプログラムもみんな。

 

アフターバーナー

 

でも「ジェット戦闘機の模型を組立てて組み込む」をやってないんです。

サンプル作ってビデオ見てもらわないとみなさん買ってくれないんのだもの・・・・・・

アフターバーナーのプッシュが来る前に早く発売しなくちゃ。

 

宇宙戦艦ヤマト アンドロメダ 拡散波動砲の光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニークなZゲージストラクチャ

  • 2018.02.17 Saturday
  • 02:16

「久しぶり」なんてものではないくらいのブログ更新です。

更新などというより改めてブログを始めた、ってなもんです。

また思いつくままにショップのこと、電飾のこと、ジオラマの事を書いていきます。

 

さて、再開1回目の話題はZゲージです。

Zゲージはドイツの模型メーカーメルクリンが始めた縮尺220分の1、車両軌間6.5mmの鉄道模型の規格です。

今では主流のNゲージ(148分の1)に押されぎみですが、小さいが故の精密さがあり、小スペースでもそれなりにジオラマができてしまう点にファンは魅了されます。

 

とは、言うものの、やっぱりマイナー感は否めず、模型店に行っても、良くて隅っこコーナー、悪けりゃ「いや〜。Zゲージは扱ってないんですよ〜。」みたいな返事が返ってきます。

あとはやっぱりコストが掛かること、Nゲージはいろいろなメーカーがいろいろな商品を作っているので、安く手に入るのですが、Zゲージはやっぱり高い。

 

本場ドイツからの輸入品が多いのでコスト掛かるんですね。おまけに日本の風景にあうストラクチャの種類があまり豊富ではないので、つい海外の風景ジオラマになってしまいます。

こう言うと「やめよっかな」なんて思う方も多いかもしれませんが、実はニッチで楽しい製品で、工夫すると低コストでリアルな街が作れます。

当ショップはニッチな製品が大好きで、「巷(ちまた)に無い」と言われると意地でも探してしまう習性があります。

 

昨年末にZゲージを最近始めたA様から「ホントにやになっちゃうよ」と連絡を頂きました。

 

「どうされました。Aさん」

 

「いや、それがね。どこ行ってもZゲージのストラクチャが無いんだよね。」

 

「まあね〜。それは世の傾向ですから、仕方ないんじゃないでしょうか。」

 

「だいたいさ、小さくて机の上にでもそれなりの街ができちゃうんだから、日本の家にはぴったりだと思うのになんで広がらないんだろうね〜」

 

「それは小さいが故に精密さが求められてしまうからなんです。例えばフィギュアを例にすると、Nゲージは模型人形の大きさが大体11mm前後、それに対してZゲージはわずか7mm。この差は大きいんですよ。」

 

「それってどのくらい現実に差が出るの?」

 

「Zゲージ人形の顔が0.9mm。この顔を再現しようとすると超精密抜き型が必要なんです。」

「だからドイツのプライザー製のZゲージフィギュアは1体500円もするんです。これで街の通行人300人なんか置いたらそれだけで15万円。そのかわり超精密ですけどね」

 

「実際にお見せしましょう。まずドイツプライザー。さすが目や口はむずかしいのですけど、顔の彫りは一応ありますし、ネクタイまでしてます。隣は普通のボールペンの先ですからどれだけ小さいんだってなもんです。」

 

 

「ホントだね。これはすごい。でもここまでする必要があるのかな〜。Zゲージと言っても。」

 

「そこなんですよ。どこまでで納得するかでコストが違ってしまうんです。例えば二流品で行きましょうか。これだと1体50円くらいです。まあそれでも街の雑踏300人で1万5千円」

 

 


「おねーさん、ブーツですか〜。お手元はバッグでしょうか。それとも泥んこあそびの後ですか?お手をお洗いあそばせ、ってなもんです。ちょっとレベルが下がりますね」

 

「う〜ん、そうかぁ、ちなみに三流ってあるの?」

 

「良くぞ聞いてくれました。世の中には一流も、二流も、三流ももちろんあるんです。どこにでも」

 

「そうだね〜。僕は一流の人間で良かったよ。」

 

「私もです。・・・・・・Aさん不毛な会話は止めましょう」

 

 

「これ三流です。」

 

 

 

「宇宙服ですかね〜。男性?女性? お顔がのっぺらぼーなので判別できませんし、髪の毛も斉藤さんだなぁ。ちょっと胸があるかなぁ・・・わからん」

 

「いやいや、ねずみ男だろう〜」

 

「さすがにZゲージフィギュアにねずみ男はいないと思いますが・・・・」

 

「でも街の風景に300人ガンガン使っても、たぶん3千円」

 

「う〜ん、でも小さいからそんなに目立たないかも。カメラで寄るなら別だけどね」

 

「でも皆さん割と精密さにこだわっちゃうんですよね。ついついだから高くなって普及しない」

 

「そうなんだよね〜。でもさ、二流フィギュア使ってもジオラマの街にいろいろな日常を表現するストラクチャがあったら、絶対良いものになると思うんだ。」

「そこで本題なんだけど、メルクリンとかノッホとかのストラクチャは家とかばっかりで、日本の風景に合うものがないし、おまけに高いんだ。何か良いものないかな〜。ありそうでないんだよなぁ」

 

「なんとおっしゃるウサギさん」

「あるんですよ。1月からユニークZと言うコンセプトでありそうで無かったZゲージストラクチャを集め始めたんです。」

 

「おおお〜。さすがだね。どんなやつがあるの?」

 

「今はまだ20点ばかりなんですけど、毎月増やしますので。これはその一部」

「Zゲージゲージは小さいけれど、街にいろいろ詰め込めるんですよ。縁日風景用に屋台まであるんですからね」

「Zゲージ屋台なんて絶対ありませんよ」

 

 

「確かに、ありそうでないね。こんなZゲージストラクチャ。でも作れるかな〜。僕でも」

 

「キットなんですけど。塗装もしてあるし、ただはめ込むだけなので簡単です。それでもジオラマに置くと一気に街の雰囲気がかわりますよ。これでプライザーを使わなくとも一流のジオラマができます」

 

「よ〜し、一流のZゲージの街をつくるぞ〜。一流の人間には一流のジオラマがふさわしい」

 

「だから〜。一流はふところだけにしといてくださいね。」

 

ユニークZコンセプトはこれからも、ありそうで無かったZゲージストラクチャを増やしていきます。

 

ユニークZコンセプト

 

 

 

 

 

 

 

そっくりさん探してください。

  • 2016.07.08 Friday
  • 01:26

世の中には自分に似ている人が3人はいるそうです。

私も昔は「江森徹に似てる」って言われたものです。もちろん「若いときの」です。

右は今の江森徹。

 

「そっくりさん」のキーワードでネットを見ていたら、やっぱりいました。タレントにそっくりな人たち。

 

バナナマンの日村 似てる

 

柴田利恵さん 双子かもしれない。

 

極めつけはあのシュールな技の鳥居みゆきさん  そのまんまだな

 

な〜んて事を急がしいのに調べていたら、K様からメールが飛び込みました。

 

なになに「探して欲しいものがあります。」か。任せなさい。模型なら何でも探しましょう。

 

「海外へ出かけた時に見た情景品と同じものが欲しいんです」

 

ほう、建物かな〜、それとも自動車か何か?

 

「道路灯を探して欲しいのです。頭が大きい道路灯です。」

 

へっ、道路灯? 頭が大きい?だめだこりゃ、分からない電話しよう。

 

「Kさん、道路灯の件ですけど・・・」

 

「いやあ、見てくれたんだね。そう、道路灯が欲しいのさ。先月海外出張した時に見たんだよ。頭が大きい道路灯」

 

「その、頭が大きいって言うところが良くわかんないですけど。ウチのショップにあるやつじゃだめなんですか。」

 

「これですけど。金属支柱で道路灯にはぴったりなんですけどね」

 

 

「ちがうんだな〜。もっと頭が大きいの。なんかメロンパンみたいな。」

 

「そっくりなヤツないかな〜。探してよ。店長。店長ならできる。」

 

「メ、メ、メロンパン? 何か写真とかないんですか。」

 

「あるよ。今送るよ。」

 

「あ〜。これヨーロッパによくあるやつだ〜。きゃ〜」

 

「探せない? 似てればいいんだよ。イメージが。そうしたら僕のジオラマで光らせようと思うんだ。」

 

「分かりました。でもKさん。やっぱり今在庫あるヤツじゃだめ ?」

 

「ダメ。これと似ているやつ。探してよ〜。 見つかんなかったら店長メンツ丸つぶれだよ。」

 

「あ〜、脅迫してる〜。分かりましたよ。探しゃいいんだろ。ぶつぶつ」

 

「寸分たがわず、なんてないですからね。イメージだけですよ。イメージ」

 

「分かったよ。店長。まあ期待しないで待ってるからさ。」

 

「あれ、探させといてそ〜言うんだ。よ〜し、探してやる」

 

てな事で探してきました。そっくりさん。まあ、ちと首のカーブが違うかもしれないが、イメージは絶対これ。

 

 

左の模型街灯は支柱が金属製で、頭は樹脂を使っています。その中に極小チップLEDが仕込まれていて、抵抗つけて電池をつなぐと光ります。長さは45mmで、NゲージにもZゲージにも使えます。

さっそくNゲージジオラマに設置して電池をつないでみました。

なかなか良いですね。横断歩道を渡る人も道路が明るくなって良かった。(と、思います。)

 

 

「さて、Kさんに連絡して発送しようっと」って言うか、これ今後のショップの目玉商品にしよう。

 

電気の知識が無くても、どなたにでも設置できるようにマニュアルも作っています。

どうぞご利用下さい。

 

模型街灯各種

 

 

サンダーバード50周年記念グッズほしいんですけど。

  • 2016.07.03 Sunday
  • 00:27

JUGEMテーマ:サンダーバード 玩具/フィギュア/プラモデル/グッズについて

 

ブログってのは毎日、毎週、せめて毎月更新しなくちゃいけないのででょうか。

な〜んて前置きするのはやましい事があるからに決まってます。

 

前回の更新日をみたら昨年の10月10日およそ8ヶ月そのまま。

これは過去新記録であり、「店長、最近ブログ更新ないね〜」を無視し続けた努力の結果です。

リーダーの皆様、大変申し訳ございませんでした〜。

 

さて、再開1回目は「番外編 サンダーバードネタ」」です。

サンダーバードは1960年代にNHKでテレビ放映されたスーパーマリオネットと言う操り人形を使ったSF番組でした。

番組のスタートはいつもサンダーバード5台のカウントダウンで始まります。

 

 

当時小学生だった私も毎週日曜5時45分になると「ファイブ、フォー、スリー、トゥー、ワン」とカウントして番組の初めに出てくるシーンに大興奮したものです。

番組は日本語吹替えなのですが、このカウントダウンだけはオリジナルの英語で聞こえました。

そのため日本人原住民なのに最後の「ワン」を「ゥワンヌ」と言う、ネイティブなみに発音できたのを覚えています。

 

さて、そのサンダーバードも世に出て早くも半世紀。

その間に実写版やら、新作アニメやら出てきましたが、僕らオールドファンはやっぱりオリジナルの作品が忘れられません。

 

だってイメージが違うんだもん。

なんで変えるんだよっ。

レディ・ペネロピの優雅さと雰囲気はどっかいっちまったし、サンダーバード2号はカエルになっちまった。

なんと嘆かわしき事か。

 

ロンドンエージェント レディ・ペネロピ(ペネロープ)

      オリジナル ペネロピ         新作 ペネロピ

 

サンダーバード2号

     オリジナル 2号             新作 2号

 

とは言うものの、時代の波には勝てません。

 

昨年はサンダーバード50周年記念で、いろいろな記念品の販売や、イベントが各地で行われました。

もちろん記念グッズの発売はみな海外で、特にサンダーバードおひざもとの英国での販売がほとんどでした。

 

さて、あるひのこと、登場したのが鉄道模型オタクだけど、サンダーバードの熱烈ファンのS様。

 

「店長、頼みがあるんだ〜」

 

「これは、Sさん。模型作ってますか?」

 

「いや、超忙しくって全然ヒマがないよ。」

 

「貧乏ヒマなしなんですね。お疲れ様です。 ところで今日は?」

 

「ちょっと言い方が引っかかるんだけど、時間の無駄だから、はなし進めるよ」

 

「あのさ、店長。僕がサンダーバードの大ファンだって知ってるよね。」

 

「もちろん。私もファンですから。いいですよね〜。スーパーマリオネット」

 

「でね、店長英語できるよね」

 

「英語ですか。できますよ。米国、欧州、東南アジア海外在住20余年。ネイティブです。そこら辺の外国人よりよっぽどできます。」

 

「店長、少しは謙遜したら?」

 

「英語ですか〜。いや〜参ったな〜。どうしようかな〜。英語むずかしいな〜」

 

「店長、言った僕が悪かったよ。いいから先へ進もう。でね。サンダーバード50周年記念チェスセットっていうのがあってそれが欲しいんだよ。こんなやつ。」

 

 

「お〜、すごいですね。」

 

「ねっ、欲しくなるよね。ファンなら。チェス駒がみんなキャラクターになってるんだよ」

 

「で、こいつを探して来いというわけですね。」

 

「うん、頼むよ。イギリスで売ってるんだけど直接買えないみたいなんだ。ネットで偶然見つけたんだ。輸送費、税金、手数料入れて1万円までならだすからさ。」

 

「う〜ん、わかりました。むずかしいけど任せてください。はいっ、おつり200円」

 

「へっ、何それ。何、おつり200円って? あれ、まさか・・・」

 

「へへへっ。そうなんです。もう手に入れてますよ。サンダーバード大々ファンの私がこんなグッズほっとくわけないでしょう。どうせ皆さん欲しがると思って、自分の分以外にも予約したんです。」

 

「でも原価に、DHL運賃、輸入税、ハンドリングチャージ入れたら9,800円になってしまいました。」

 

「いや、費用はいいんだけどさ。教えてくれれば良かったのに〜。あちらこちら探して悩んでさ〜。仕事も手につかなかったのに」

 

「あれ、Sさん、さっきは超忙しいみたいな事言ってませんでしたっけ?」

 

「ファイブ、フォー、スリー、トゥ、ワン じゃあね〜。家に帰って楽しむから〜」

 

「サンダーバードかっ! そうだサンダーバードだ。ツッコミにならないぃぃ

 

数量限定サンダーバード50周年チェスセット 在庫わずかです。 

 

 

超簡単・超初心者向け 建物電飾セット ありますか

  • 2015.10.10 Saturday
  • 21:16

 世の中には矛盾がたくさんありますが、時々思うのが「本来そうなってはいけないのに、現実はそうなんです」て言う事がありますよね。

何を言いたいかと言えば・・・例えばわかりやすく動物で言うと


「高所恐怖症のトンビ」


「方向音痴の伝書鳩」


「怠け者の働きアリ」


「野菜嫌いのうさぎ」


「走るのが嫌いなチータ」


など、「きみたち、ど〜すんの?」と心配してしまうような事です。

実はこれが私たちの模型の世界でもあったんです。


当ショップの主に受注発送担当をしているY君は、毎日電飾パーツの注文を受けて、発送しているくせに実は模型電飾が大の苦手。

苦手と言うより「嫌い」なんですね。LEDが。

おいおい、飯のタネだぞ。


つい先日までLEDと豆電球の区別も怪しく、ハンダをしてもボコボコの「イモハンダ」で導通不良の連発チャンピオンです。


そんなY君がある日突然

「店長、僕でもできる建物電飾ってあるんですかね〜」


「何で突然、電飾エイリアンの君がそんな事言って」


「いや〜、僕はLEDもよくわかんないんで、僕みたいな人絶対たくさんいると思うんですよね〜」


「模型電飾したいのにLEDの事ぜ〜んぜんわかんない人が・・・」


そー言えば確かに。このブログを読んでいただいている方が過去1年間で5万人くらいいらっしゃるのですが、一番アクセスの多い記事が


LEDをどうやって使うかわかりません ??? LED電飾初心者の方へ


なんです。

気になって記録を見直すとな〜んと1万人近くの方がこの記事を読んでいるんです。


「Y君、ホンとだね〜。たくさんなんてもんじゃないね。模型電飾したいけど、LEDの使い方が分からない人が実に多いんだね」


「そうですよ。だからなんか方法ないですかね。」


「でもさ、ウチの店に電池につなぐだけで光るっていっぱいあるよね。」


「そーなんですけど。それでもむずかしいんですよね。初心者にとっては〜」


「え〜、電池につなぐだけで光ってもダメ?」


「だめです。スイッチ入れるだけです! 要はLEDを何個も配線したり、電池ボックスにつないだりとかがむずかしいいんです。」


「それで、5mmのLEDだけじゃなくて、レトロ街灯とか、メタル街灯とかも点灯させたいんですよね〜」


「きゃ〜、何と言う電飾初心者発言・・・」


「店長、ちょー簡単電飾作りましょう。全国の電飾初心者の方々のためにも・・・でも2,000円以下ですよ。」


「できればLED6個くらい付いて、単3乾電池で点いて、それでまあ40cmくらい線が付いていたら建物6軒くらい十分に届いて、いろいろなLEDや街灯も使えて・・・そうですね。1,680円]


「えっ金額まで決まってんの?そんなにLEDが付いて?」


「できませんか? 店長ならなんか考えるますよね」


「うっっっ〜 やったろーじゃねーか」


で、いろいろ考えて1,680円で売れるのができました。



黒いのが電池ボックスで単3乾電池2本を入れます。


標準品は5mm白色LED6個が付いて、スライドスイッチを入れると点灯と言う仕組み。


実はこれだけではなく、1.8mmLEDやノスタルジック街路灯など自由に組み合わせを選べるのもミソなんです。



「Y君、どうかな?これ」


「お〜、スイッチ入れるだけですか ?」


「いや、電池は入れてね」


「店長、サル扱いですか?」


「いや、エイリアン」


「ま〜、電飾超初心者には変わりありませんからね」


「で、これならY君でも模型電飾できるよね」


「いや、オレ電飾する建物ジオラマないんですけど」


「なんだよ〜。じゃあ部屋でも飾っときな」


「これ、クリスマスに良いかも」


「・・・・・・・・」


模型電飾初心者の皆様、お待たせしました。

超簡単建物電飾でリアルな街を作りましょう。

ただし限定価格販売なので数量に限りがあります。

お早めに


電飾超初心者向け 模型建物電飾セット 限定販売

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「こんなに細い線をどうやって使うんですか」 「超極細ポリウレタン被膜線」
    mz2500 (11/15)
  • 模型作家 山下亮先生のブラックスターとBlink-Mini
    山下亮 (08/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM