たぶん世界最小の精密自動車模型 | ジオラマ模型 おもちゃ箱の日々 こんな物ありますか???

2020年新年明けましておめでとうございます。

 

ブログの更新?それが何だ、って言う開き直りのスタンスで頑張ります。

 

さて、昨年から販売を開始したTゲージシリーズ。

おかげさまで、新規に始められた方、まさに「もうオークションで売っちゃおうか」と言うところを急ブレーキをかけられた以前からのファンの方、Zゲージからの転向組など、さまざまなバックグラウンドを持つお客様に大好評です。

中にはHOゲージの遊園地の中に、Tゲージを子供乗用電車にしているお客様まで。

確かにサイズ的にはそうだよなぁ。発想がすばらしい。

 

ところがその影響で、一部の在庫が不足し、香港まで何度も足を運んでハンドキャリーする状態。

その他に、雑誌の取材を受けたり、秋葉原のミニチュア人形のYFS殿での店頭販売開始など大忙しのうちに年が明けてしまいました。

 

この間に、従来品だけではなく街作りに役立つストラクチャも開発しようと、メーカーと相談をしていました。

 

香港メーカーW氏「Jackさん(私のニックネームです)。これからどんなストラクチャを作ったら良いと思う?」

 

Jack「建物、人形はあるけど、自動車、樹木、街灯なんか不足してますよね」

 

W氏「そうか、自動車は未塗装はあるけれど完成品がないからね」

 

Jack「そうですね。あんな小さな自動車模型に塗装するのも大変だし、完成品つくりましょうよ。」

 

W氏「わかった。それじゃ3つ、4つ開発するよ」

 

Jack「なんとおっしゃるウサギさん、いや、Wさん」

 

Jack「ダメですよ〜。日本の顧客はそれでは満足しません。乗用車、大型・小型トラック、タクシー、ワゴン車、スポーツカー、軽自動車、それにパジェロみたいなオフロード車も作りましょう」

 

W氏「そんなに一度に?? でも最後のパジェロってJackさんの趣味が入ってない?」

 

Jack「好きなんですよ、パジェロ。それもね、ディープブロンズメタリックのツートーンカラーのスーパーエクシードがね・・」

 

W氏「・・・・・」

 

Jack「あれ、まあ、それはさておき、作りましょう」

 

と言うことで、試作も完成しいろいろ取り混ぜ全12種の450分の1サイズ自動車ができました。

 

 

タクシーもちょいと工夫してドア開けときました。

タクシー特有のフェンダーミラーや屋根の電飾サインも再現しています。

さてその大きさを知って頂きたいので、何か大きさのわかるものを置いてみようとおもったのですが、1円玉コインくらいしか思い当たりません。

昔は小ささを表現する写真には、よくマッチ棒を置いたりしてましたよね。

やってみました。

 

 

日光の手前です。(今市-いまいち オヤジギャグです)

マッチ棒自体に日頃馴染みがないので、何か実感がありません。

それなら、と周りを見回すと、ありました。

この記事を書きながら食べていたイチゴ。

 

 

おおお〜、小さい

小さいが良くできてる。

私の好きなパジェロもできてる。(ランドクルーザーファンのためにも、ちょい似させてます)

これならいけるかな、と自信を持ちました。

W氏は頑張ってくれました。

 

塗装済み自動車は1月末に在庫品が届きます。3台セット単位で販売予定です。

秋葉原ミニチュア人形のYFSの店頭販売も致しますので、ぜひお立ち寄り頂き、その小ささと精密さをご覧下さい。

 

Tゲージ 模型自動車 MSR販売サイト

コメント
コメントする