こんなテープLED探してます。ありますか? | ジオラマ模型 おもちゃ箱の日々 こんな物ありますか???

 

ジオラマを作っていらっしゃる皆様は「テープLED」の事をご存知かと思います。

5cmから長いものでは5mくらいのものまである、テープ状のLEDです。

もちろん模型の世界では5mなんて必要ありませんが、5〜25cmくらいの長さは

ストラクチャに取り付けるのに使います。

それにテープLEDは、設置や配線が簡単でとても使いやすい電飾材料なんです。

 

例えば駅のホーム。

TOMIXの島式ホームをそのまま設置する方は多いのですが、テープLED電飾をするとしないとでは大違いです。

 

この島式ホームを並べて、必要な長さのテープLEDを天井に貼り付けます。

 

そして模型人形を配置して、LEDに電源をつなぐとテープLEDを貼っただけなのに、実にリアルな駅に変わります。

 

  

                   (この写真は当ショップのお客様の作品です。)

 

 

話は変わりますが、模型電飾は「有ると無い」とでは、そのリアルさが格段に違うのをご存知でしょうか。

ストラクチャを並べると、ジオラマの世界もそれっぽくなって満足してしまうのですが、ほんの少しLED電飾品を加えてあげるだけで、見違えるようにリアルな世界ができるんです。

 

例えばストラクチャを置いただけで、電飾はおろか人形も車も無い世界に・・・

 

 

これに建物に5mmLED、模型LED自動車、模型街灯、それに模型人形を加えると・・

 

 

実にリアルな街に生まれ変わります、

ぜひ「模型電飾未達成」の皆さんはチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

さて、前置が長〜くなってしまったのですが、テープLEDに関して常連のN様よりお問い合わせいただきました。

 

「店長、探して欲しいものがあるんですけど。相談にのっていただけますか」

 

「もちろんです。どうされました?」

 

「模型展示品台にテープLEDを貼り付けたいのですけど、段差がある部分なので普通のテープLEDだと貼っても浮きが出ちゃうんです。こんなふうにです。」

 

 

「これを何とかしたいんですけど、こう言う場所にぴったり貼れるテープLEDありませんか。」

「それともうひとつ。

ほとんどのテープLEDは12V前後でないと点灯しないんです。走行会なんかに持っていく時、ストラクチャが電池で光ればなぁっていつも思うんです。」

「電池で光るテープLEDを一緒に探していただけませんか?」

 

「うわぁ〜、聞いていたらけっこう難しいリクエスト」

 

「難しいですか?」

 

「いや、理論的にはわかるんですけど、どこから探してくるかなぁ〜。まあ、おまかせあれ。」

 

で、見つけてきたのが、まず「曲面用テープLED」

 

 

何だこれは、ってなもんです。

な〜んとなく、へびを連想しそうなテープLEDです。

普通のLEDは右ですから、とても不思議な形です。

でもランダムに削ったようなテープですが、このおかげであらゆる曲面に貼る事ができるんです。

おかげで段差にもピタッと貼り付けができました。

 

 

さて、N様の2番目のリクエスト。

電池で光るテープLED。

すぐにいつも取引している海外のサプライヤーに電話したら、「あるよ。3V〜6Vで点けば良いかな?」って返事。

すぐに送ってもらったのがこれです。

3V(乾電池2本)から6V(乾電池4本)で光ります。

 

 

 

良かった〜。希望どおりの物が見つかった〜。

 

当ショップで販売始めました。ご興味ある方はどうぞ

 

テープLED

 

 

 

 

コメント
コメントする