パンタスパーク アゲイン

  • 2015.08.30 Sunday
  • 18:00
 「あれは3年前 ♫〜」な〜んて歌の歌詞がありましたが、模型電車のパンタスパークを再現しようと思って試作したのがおよそ3年前。

その後2013年の4月に「パンタスパークお願いします」と東京のS様よりのご依頼により、パンタスパークに応用できる「Blink−Mini 鋭いスパークの光」を発売しました。

この「鋭いスパークの光」そのものは結構皆さんにお使いいただき、いつでも売切れ状態が続いていたのですが、この半年で何やら皆さんのご要求に変化が出てきたのです。

「鋭いスパークの光」をご利用いただいていたM様から連絡がありました。

「店長、このスパークの光を電車に取り付けて楽しんでいるのですけど、何かこれだけでは足りないんですよね」

「足りないって、おっしゃるならガンガンスパーク出すこともできますけど・・・花火みたいに」

「それってスパークでパンタ焼けませんか?」

「本物の電車だったら止まっちゃうでしょうね。 緊急点検!!!とか言って あはは」

「・・・・皆さんが店長と話してると訳わかんなくなるってウワサでしたけど、ホントなんですね。」

「Mさん、そんなにほめないでくださいよぉ」

「これさえなきゃ、いい人なんだけど・・・・」

「まあ、それは置いといて」

「でね、パンタスパークに使える光をいろいろ作って欲しいんです。」

「いろいろ・・・・ですか??」

「例えば高速で走る新幹線用にけっこうバチバチいうやつ、一般車両用にパチン・パチパチって言う感じ、それと長編成の時に前のパンタから順にパチン・パチン、と言うようなのですけど。」

「バチバチ、パッチン・パチンコ、パチコン・パチコ〜ン、ですか〜」

「違います。バチバチ、パチン・パチパチ、パチン・パチンです。あれ、違ったかな?」

「わ〜けわかんないのは、Mさんのほうでは ?」

「店長、まじめになってください」

「わかりましたぁ〜」

なーんて会話の後、改めてご依頼を確認しました。

(1)比較的強いスパークを出すパターン
(2)2〜5秒周期でパチパチと複数回スパークを出すパターン
(3)パチパチと複数回を3つのLEDが順番に出していくパターン

(1)は新幹線など高速で走る車両、(2)は単車両や一般車両、(3)はパンタが複数個ある比較的長編成車両などを想定して作ってみましょう。

当ショップのプログラミングアドバイザーのMさんと、例によっての「あーだこーだ」会議を経て、試作をいくつか作りました。

でも実際は車両によっても、スパークを発生する場所、速度、強さなどによっても、スパークの度合いはぜんぜん違うので、どこかで限定しないと話は進みません。

それで何とか次の3つを作ってみました。

(1)鋭いスパークの光 A  (比較的強く、やや長めにスパーク)
8〜10秒間隔でスパークします。




(2)鋭いスパーク光 B (スパークの回数を少なめでランダム点灯) 4秒程度の周期でスパークします。




(3)鋭いスパークの光 C (3つのLEDが順にスパーク)
   同じく4秒程度の周期で繰り返します。
   これは走行中の列車のパンタが同じ場所でスパークする状況を再現しようとしたものです。





これで全てのパンタスパークをカバーするわけではありませんが、いろいろ応用していただけるのではと思っています。
回転灯の光を「283系スーパーおおぞら」車両に搭載されたS様かも「もっと間隔の短いスパークを」とご要望を頂いています。
また改良を加えようと思っています。

もちろん基板は配線された状態で、乾電池でも駆動できるように作ってあります。
マニュアルもありますので、LED初心者でも安心です。

「Mさん、喜んでもらえるといいのですが・・・」
「バチバチ、パチン・パチパチ、パチン・パチン、えーい舌かむわ」

Blink-Mini 極小電飾基板シリーズ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 模型作家 山下亮先生のブラックスターとBlink-Mini
    山下亮 (08/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM