幻想的に光る三角LEDってありますか ? | ジオラマ模型 おもちゃ箱の日々 こんな物ありますか???

今は当たり前になっているLEDと言う光源。
一時代前はLEDの光りは電球などに比べ、「幻想的」と言う言葉がぴったりだった事があります。
もちろん今はいたるところに使用され、珍しくもなんともなくなり、「幻想的なLEDの光」なんて死語になってしまいました。

ちょっと寂しい気もしますが、時代の流れです。
てな事を考え、感傷に耽っている時に、ジョークやツッコミの苦手なLED電飾初心者、常連Y様よりお問合せが入りました。

「店長、 LEDってほとんど先端がまーるいですよね」

「そうですね。先端を丸くすることで、より光が明るく拡散できるようになっているわけです。」

「それって三角にできませんかね。」

「へっ・・・・三角 三角ってこれですか △ 先の尖った」

「そーですけど。 店長、先の尖がってない三角ってあるんですか?」

「・・・・・Yさん、最近ツッコミ学習されました?」

「いや、店長の真似しただけですけど」

「あちゃー」

「で、どうなんでしょう。あるんですか。僕はLEDで幻想的な光を再現したいんですよ。ただ電球みたいに光ってるんじゃなくて」

「僕のジオラマの街の広場の中心に取り付けたいんです。 クリスマスも近いし」

「まだかなり先だと思いますが・・・・・」

「いいんです。光陰矢のごとしです。とにかく、先の尖った幻想的な光のLED探してください」

「また〜。 むずかしいご注文を頂き大変ありがとうございますぅ」

「ほんとはあるんでしょ。声が浮ついてますけど」

「へへっ〜 わかりますか。 ありますとも。 ショップに出して無かっただけです。って言うか何に使うか考えてたんです。」

「早く見せてください。」

「これですけど」



「お〜〜 綺麗ですね〜。いや〜幻想的な光り、これですよ。ほんとに三角だ〜」

「ねっ。なかなかいいでしょ。これで5mmLEDなんです。 アップにするとちょっと富士山を連想しますよね。」

「LEDをカバーする部分も細い凹凸加工がしてあって、それが幻想的なイメージを出すみたいですね。いいでしょ」

「これって他にも色はあるんですか。」

「ありますよ。」



「でも僕はLED初心者だから、どうやって光らせるかいつも悩むんですがね〜」

「もちろんそこは考えていて、LED初心者の方のために、電池つなぐだけで光るようにしてます。ややこしい抵抗計算なんかしなくても光りますよ」

「乾電池2個から15VまでOKです。」

「聞いてよかった〜。これでクリスマスが来ますね〜」

「まだ来ませんってば。」


美しく幻想的な光を放つコーン型 配線付5mmLED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL