またまた24分の1 スケール フィギュア・・・

  • 2014.01.25 Saturday
  • 09:50
 昨年24分の1スケール(Gゲージ)フィギュア「窃盗犯」なるものの販売を始めましたところ、皆様から「これも欲しい」「あれも欲しい」とリクエストを頂きました。

24分の1サイズの自動車は手ごろな大きさで、精密感もあり、組立ても塗装も行いやすいため多くのファンがいらっしゃいます。
また、意外と内部にスペースがあるため、当ショップのLEDや電飾回路を組み込んで楽しむ方も最近増えてきました。

ただ、自動車を作ったのは良いのですが、やはり足りないのはフィギュア。
フィギュアをそばに置くだけで、雰囲気がぐっと変わります。
例えば、渾身製作の自動車モデルも、牽引車ドライバーのビルさんが「いる・いない」では「ビフォー・アフター」そのものです。




まあ、「せっかく新車でモデル作ったのに故障シーンかよ〜」と言う感じもありますが・・・・

でもリアル感が出る事は間違いありません。

残念ながら日本の国内ではこうしたフィギュアがあまりないんです。
特に外国車両などにはやはり欧米の人々フィギュアがあると良いですね。

それと例の「窃盗犯」フィギュアみたいに、海外のメーカーはそう言う物を作る発想があります。
日本のメーカーが24分の1フィギュアを仮に作ったとしても、ピットのクルーとか、観客みたいな系統になるだろうなと思っています。

24分の1 窃盗犯





最初に数種類の「24分の1フィギュア」を発売してまもなく、電飾をよくご利用いただく自動車モデラーのW様よりお問い合わせがありました。

「店長、24分の1フィギュア、い〜ですねぇ」

「自動車モデルのそばに置くだけで雰囲気でるもんね」

「そう言っていただくと探した甲斐があります。」

「ところでねぇ〜。あのさ〜追加してもらいたい24分の1がね〜。 フィギュアがあるんだけどさぁ〜。」

「どうぞ、どうぞリクエストしてください・・・・・ってちょっと待ったぁ」

「Wさんの事だからまさか・・・あの・・・♀ を用意しろって言うんじゃぁ」

「そのと〜り。何でわかったの?」

「わかりますよぉ。その言い方で・・・」

「あるんでしょ」

「まあ、そりゃね。ありますよ・・・・・」

「ミニスカタイプとかさ、肌の露出とかがね・・・・」

「皆まで言わんでも出しますよぉ。 こんなもんでどうでしょう」



「おおっ〜、これ、これ、これだよ。 24分の1フィギュアの真髄。これがあれば ムフフフフ・・・・・うははははぁ〜」

「Wさん、まだ病院開いてますけど・・・・・。」

24分の1 フィギュア 各種

今後も増やしていきます。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 模型作家 山下亮先生のブラックスターとBlink-Mini
    山下亮 (08/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM