ストロボの光が欲しいです。

  • 2014.01.13 Monday
  • 08:10
 極小LED点滅回路 Blink Mini も今は13種となりました。
「動く光」を再現するべく開発しましたが、世に広まるにつれ皆様から「こんな光が欲しい」とたくさんのリクエストを頂くようになりました。

当ショップは元々鉄道模型に関連する電飾を中心に販売していたのですが、いつのまにかその域を超えて、最近では建築、ガンダム、ミリタリー、自動車プラモデルファンの皆様より「動く光」のリクエストが届くようになりました。

昨年の暮れ、突然秋田にお住まいのK様より「交互に点滅する光が欲しいのですが・・・・」とお問い合わせがありました。

Blink Miniにはすでに「交互に点滅する光」があるのでそれをお勧めすると、「単純に点いたり消えたりするだけではダメなんです」との事・・・。

詳しくお話を伺うと、実は「衝突防止灯電飾」で、「ヘリコプターのプラモデルの胴体下部とローターにチカッチカッと点滅するストロボのような発光が必要」で、更にそれぞれの光は「発光間隔が違う」との事でした。

確かに全ての航空機は旅客機、ヘリコプターなど種類に関わらず衝突防止灯が設置されています。
ご覧になった方は多いと思いますが、単純な点滅ではなく、イメージはストロボライトですね。
翼の両端にストロボの親分を取り付けて1秒ごとにフラッシュをたき続けている感じです。

さ〜てと、どうしましょう。
いやいやこれは難問です。
まず「2つの光が違う間隔で発光する事」は、Blink Miniは3つのLED出力端子があるので、それぞれに違う発光間隔を指示すれば可能ですが・・・

問題は「ストロボ風の光」。
ストロボライトは、瞬時に強く光り、その後ごく短い時間でスッーと消えていく光を作り出さなければなりません。

LEDを点けたり消したりするのは簡単ですが、ストロボのような「パンッ」と言う光にはいろいろ工夫が必要です。

でも、どらえもん店長の私です。
「こ〜くうき〜 しょうとつぼうしと〜」と叫びながらおなかのポケットから出しましょう・・・・

とは言うものの、飛行機衝突防止灯はもちろん、ビルや送電線の衝突防止灯、さらに本命のジオラマカメラマンの写真撮影シーンなどにも応用できるように、いっぱい汎用性を持たせます。

1.LED出力数

  
  飛行機には衝突防止灯は1個ではありません。翼、胴体、尾翼などあちらこちらに付いています。そのため、ひとつの出力から4個、3出力あるので計12個のLEDは問題なく光らせる事ができるようにしましょう。

2.発光間隔

  同じくいろいろな組み合わせに対応できるように、1秒、1.5秒、2秒、2.5秒、3秒など作ります。

3.電源

  プラモデルなど狭いスペースに組込む事を考えて、ボタン電池でも動作するようにします。

4.LED

  
  もちろん1005、1608、1.6mm、1.8mm、3mm、5mmなど何でも抵抗など無しで直結できるようにしましょう。


てなことで、問題の「ストロボ風の発光」を、ウチのプログラミングアドバイザーのMさんと相談しながら、あ〜だこ〜だと進めまして、何とか完成。

さっそく秋田のK様にお送りしてヘリのプラモデルに試用頂くと同時に、模型歴39年のM様にもちょうど製作中だった「エアフォースワン」に取り付けて頂きました。

これ以外にも皆様のご要望で、ガンダムのビームライフル、宇宙戦艦ヤマトの波動砲電飾などをBlink Miniを使って開発中です。

「ストロボみたいな光が欲しいです。」

「作りましたぁ〜 大変だったけど・・・・」

Blink Mini ストロボの光 2機種





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 模型作家 山下亮先生のブラックスターとBlink-Mini
    山下亮 (08/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM